スズメバチは危険|刺されたら危険:蜂退治に業者を呼ぶ必要性について
作業者

刺されたら危険:蜂退治に業者を呼ぶ必要性について

このエントリーをはてなブックマークに追加

スズメバチは危険

ハチ

危険性を認識する

ハチの中でも特に危険度の高い種類としてスズメバチがあります。もし、刺された場合アレルギー性のショックで最悪の場合死に至ることもある程危険なのです。スズメバチは非常に獰猛な性格で、毒を持ち、さらに巣に近づく敵に対して攻撃を仕掛けます。なので、直接危害を加えていなくても刺されることがあるのです。スズメバチは女王蜂と働き蜂で形成される社会で、女王蜂は冬眠しますが、働き蜂は冬には死んでしまいます。梅雨時期に、働き蜂がふ化し始め、秋頃に働き蜂の数は最大になると言われています。この時期は繁殖期にもあたり、スズメバチの攻撃性が非常に高くなっているので、被害に遭うことも多いようです。そのため、スズメバチ駆除は素人が安易にできることではないようです。

駆除するにあたって

もし家に巣ができてしまった時は無闇に取り除くことは考えてはいけません。特にスズメバチ駆除はその危険性を充分認識した上で、行わなければなりません。もし。自分でスズメバチ駆除を行うのであれば、スズメバチの勢力が最も弱まる冬から春にかけて行うようにしましょう。シーズン中であれば、活動が少なくなる夜のほうがよいでしょう。その場合は、蜂用の防護服を着用することをお勧めします。しかし、スズメバチ駆除は業者に依頼するのが安全かつ確実な方法です。相場としては、15,000円程からといったところになります。業者によっては、即日で来てもらえるところとそうでないところがあるので、危険度や都合と照らし合わせて選ぶとよいでしょう。