睡眠中の虫刺され|刺されたら危険:蜂退治に業者を呼ぶ必要性について
作業者

刺されたら危険:蜂退治に業者を呼ぶ必要性について

このエントリーをはてなブックマークに追加

睡眠中の虫刺され

虫

ダニの健康被害

もし寝ている時に虫に刺された様な症状を起こすことがあるなら、それは布団の中にダニがいるのかもしれません。ダニは人の体温や汗、二酸化炭素に反応して近寄ってきます。大きさは肉眼でとらえることはできないため、知らず知らずのうちにダニが繁殖してしまっている場合があります。特にペットがいる家庭や、適切なダニ対策をしていない布団には繁殖することがあります。ダニはそれ自体も問題なのですが、死骸や糞にも人の健康を害することがあります。有名な害はアレルギーでしょう。ダニの死骸や糞を長年吸い込み続けることでアレルギーを発症してしまう例です。また肺に吸い込むことで肺炎や喘息といったリスクにつながることもあります。子供や高齢者がいる家庭では特に注意が必要です。

50度以上を維持するには

ではダニ駆除にはどのような方法があるのでしょうか。実はよく聞く布団の天日干しにはダニ駆除にはあまり効果がありません。また布団をたたくことでダニの死骸や糞が空に舞ってしまうことになり、叩いている人が吸い込むことにもつながってしまいます。ダニ駆除で必要なことは、50度以上の温度を維持することです。ダニは50度以上の温度では生きていくことができません。天日干しでは布団の外の温度は50度を越えていても、内部の温度は達していないことがあり、おすすめできません。一番効果的に行える方法は布団乾燥器をしっかり使うことや、コインランドリーを賢く利用することです。布団乾燥機はやや高価なため、月一のコインランドリーで十分なダニ駆除ができます。